ブログトップ

ヤマモミジの家

日記


by rantaro_papa
画像一覧

ボッティチェッリをゆっくり見る!

c0119515_07165204.jpg

 春
c0119515_719821.jpg

ヴィーナスの誕生

 ボッティチェリの部屋は大人気で
 団体のツアーが入ってくると
 ゆっくり見ることができないので
 まずこの部屋に直行した。
 中央に大きめなベンチが置いてあるので
 座ってゆっくりと鑑賞できました。
c0119515_883090.jpg

パラスとケンタウロス
c0119515_537952.jpg

聖母戴冠と四聖人
c0119515_544857.jpg

マニフィカトの聖母
 
[PR]
トラックバックURL : http://hanakane90.exblog.jp/tb/24226331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-06-13 07:30
タイトル : ボッティチェリの初期から晩年までの画風の変遷と魅力
ウフィツィ美術館展 Uffizi Gallery & Sandro Botticelli  東京都美術館で、初めてのウフィツィ美術館展が開かれました。フィツィ美術館に所蔵されている作品に加え、アカデミア美術館、パラティーナ美術館、捨て子養育院美術館などフィレンツェを代表する美術館からの作品が展示されていました。その中でボッティチェリの作品を追って、彼の作品の変遷と魅力をレポートしてみました。 This exhibition will trace the development o...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2015-06-16 14:27
タイトル : ボッティチェリの魅力とフィレンツェ・ルネサンスの盛衰
ボッティチェッリ と フィレンツェ・ルネサンスBotticelli and Florence Renaissance ボッティチェリ(1445-1510年)に代表されるフィレンツェ・ルネサンスは、メディチ家に代表されるフィレンツェ金融業の繁栄が生み出した偉大な文化遺産といえます。東京渋谷のBunkamuraザ・ミュージアム では、ヨーロッパの貿易と商業を支配しルネサンスの原動力となった金融業の繁栄と、フィレンツェと運命をともにした画家・ボッティチェリのイタリア、フランス、アメリカから集めた10数点を含...... more
Commented by desire_san at 2015-06-17 07:13
「のび氏を探せ!!イタリア編その12」法にコメントしてしまいましたが。ボッティチェリが好きで、ボッティチェリの芸術に着いて、私なりに整理してみましたので、よろしかったらご一読いただければ幸いです。
by rantaro_papa | 2015-06-08 07:15 | ヨーロッパ2015 | Trackback(2) | Comments(1)